ニュースリリース

「通学定期券」発売の特例について 鉄道

長野電鉄では、今後、沿線各学校での登校回数の増加に伴う新規「通学定期券」の購入増加が予想されますことから、窓口での混雑緩和のため、以下の通り、特例措置を設け、対応いたします。


【対象となる定期券】 すべての通学定期券

 通勤定期券は、対象となりません。

【発売日の前倒し】 新規定期券の発売は「7日前」から

 通常、新規定期券は、使用開始日の「3日前」から発売いたします。
 今回、特例措置として、使用開始日の「7日前」からの発売に前倒しして、行い
ます。

【実施期間】 令和2年5月25日から6月26日まで

 前倒しをして購入できるのは、使用開始日が6月30日までの定期券です。
 使用開始日が7月以降の定期券は対象となりません。

【発売駅の拡大】 長野・須坂・信州中野では全区間を発売

 通常、自宅最寄駅または学校最寄駅にて、定期券が購入できます
 (
9ヶ月定期またはクレジットカードでの購入の場合、長野・須坂・信州中野の3駅のみで取扱います。)
 今回、上記期間に限り、長野・須坂・信州中野の各駅にて、現金も含めて
 
全種類(12ヶ月定期を除く)・全区間の定期券が購入できます。

【購入条件の緩和】 

通学定期券を新規購入する場合、「通学定期乗車券購入兼用身分証明書」(学生証)の提示をお願いしております。新入生への交付が遅れている学校も見られることから、今回に限り、「合格証明書」の提示などにより、発行をいたします。
また、新年度に交付されたお手持ちの「通学証明書」の有効期間が、すでに終了してしまった場合でも、今回に限り、有効として認め、発売の取扱いをいたします。


◆ (参考)「通学定期券」を「普通乗車券」や「回数券」と比較した場合、1週間あたりの通学回数が3回以上であれば、通学定期券のほうがお得になります。


(例.長野~須坂間)
  「片道1回あたりの金額」はおよそ以下の通りです。
   普通運賃 ... 550円  /  回数券(※) ... 500円 
   週2回の利用の場合 ... 1ヶ月定期―725円 / 3ヶ月定期―689円  
              6ヶ月定期―653円  / 9ヶ月定期―616円 
    → 普通運賃や回数券のほうがお得 
   週3回の利用の場合 ... 1ヶ月定期―483円 / 3ヶ月定期―459円  
              6ヶ月定期―435円  / 9ヶ月定期―411円
 
    → 定期券のほうがお得
 

   ※回数券は、各区間の普通運賃の10倍の金額で、11枚分使用できます(3ヶ月有効)。
    
途中で払戻しをすると、既に使用した分を普通運賃で計算し、手数料も収受して 
    
返金いたしますので、かえって割高となりますので、ご注意ください。


◆ 現在、駅窓口の営業時間は6:30~21:00となっております。駅へお越しの際は、営業時間にご注意ください。詳しくはこちら


定期券をご購入の際は、混雑を避けた早めの購入をお勧めします。もし、窓口に並ばれる場合は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、前後のお客様とスペースを取ってお並びいただくようご協力をお願いします。