ニュースリリース

緊急事態宣言に基づく定期券の払戻し対応措置について(5月8日 内容追加) 鉄道

取り扱いは終了しました

(4月30日 内容追加)【受付期間を延長しました】
(5月8日 内容追加)【受付期間を再延長しました】

新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、長野県が「緊急事態宣言」の対象区域となったことを受け、長野電鉄では「定期券」の払戻しの特例措置として、次のとおり取り扱います。


【通勤定期券】


(対象となる定期券)
・「緊急事態宣言」の拡大を受け、不要となった定期券の内、通用開始日から7日以内に最終使用日となったもの。


(払戻しの特例)
・通用開始日から最終使用日までの間を使用期間として、日割りにて払戻しをいたします。ただし、4月16日(長野県が「緊急事態宣言」の対象区域となった日)以前が最終使用日であった場合、4月16日を最終使用日とみなします。また所定の手数料をいただきます。

例1.4月12日を通用開始日とし、最終使用日が4月17日であった通勤6ヶ月定期券の場合
 ・・・4月12日から最終使用日の4月16日までの6日間を使用期間として日割り計算を行い、払い戻します。

例2.4月9日を通用開始日とし、最終使用日が4月15日であった通勤3ヶ月定期券の場合
 ・・・最終使用日を4月16日とみなします。4月9日から4月16日までは、8日間あるため、本払戻しには対象となりません。

【通学定期券】


(対象となる定期券)
・新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、4月以降の休校措置のため、不要となった定期券(1・3・6・9ヶ月定期券については、通用開始日から7日以内に最終使用日となったものに限ります。)


(払戻しの特例)
1・3・6・9ヶ月定期券 ・・・ 通用開始日から最終登校日までの間を使用期間として、日割りにて払戻します。最終使用日は一律で最終登校日とします。ただし、4月9日以前が最終登校日であった場合、4月9日が最終登校日となります。また所定の手数料をいただきます。
12ヶ月定期券 ・・・ 4月中に休校となった場合、月割り(1ヶ月)にて、払戻しいたします。また所定の手数料をいただきます。

例.4月3日から通用開始日とし、最終登校日が4月9日であった通学3ヶ月定期の場合
 ・・・4月3日から最終登校日の4月9日までの7日間を使用期間として日割り計算を行い、払い戻します。

通学定期券の払戻しは、休校日以降、一度も定期券を使用していないことが条件となります


【受付】


 受付期間  令和2年4月21日~5月6日(再延長しました) 5月22日
 受付箇所  長野駅、須坂駅、信州中野駅
       (4月25日より営業時間が変わります。詳しくはこちら
 受付方法  窓口にてお申し込みください。その場で払戻しをいたします。

※ クレジットカードで購入した場合、払い戻しには決済を行ったクレジットカードが必要です。クレジットカードの口座に払い戻しをいたしますが、手数料(540円)のみ現金でお支払いください。


【その他】

・払戻しの際は、身分証明書(保険証、運転免許証、学生証等)をお持ちください。
・本対象とならない定期券においても、1ヶ月定期券を除き、月割りにて払い戻しをいたします。その場合、購入駅にてお取り扱いをし、最終使用日は受付日当日となります。
・ 割引率が高い長期の通学定期券(12ヶ月定期券など)を払戻す場合、学校再開後に再度定期券を購入しますと年間を通して、本払戻し金額よりも割高となることもあります。払戻しに際しては、十分ご検討の上、申し込まれることをお勧めいたします。
・定期券の払戻し手数料は、1枚あたり一律540円です。

詳しくは、長野電鉄各駅または運輸課までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

     長野駅 TEL026-226-2681      須坂駅 TEL026-245-0317

     鉄道事業部運輸課 TEL026-248-6000(平日9:00~17:30)