ニュースリリース

乗車券類の和暦から西暦への切り替えと日付印字機(ダッチングマシン)の使用再開について 鉄道

本年5月、改元が行われるにあたり、長野電鉄では乗車券類の年表記を和暦から西暦に改めます。

それに伴い、4月23日(火)~26日(金)にかけて、駅券売機等の改修を実施いたします。改修に伴い、期間中、ご利用のお客様にはご迷惑をお掛けする場合もございます。何卒、ご了承願います。

また、西暦への切り替えに伴い、平成30年1月より使用を中止していた日付印字機(ダッチングマシン)は、使用を再開します。(使用中止のニュースリリースはこちら。)

【使用再開日】令和元年5月1日
【対象駅】全有人駅(一部除く)

本年4月30日までは、和暦で硬券入場券などを発売します。(ゴム印での対応です。)(4月30日は「31.-4.30」)

******************************************

なお、長野電鉄では、改元を記念した「改元記念乗車券・入場券セット」を5月1日に発売いたします。こちらの記念乗車券のみ令和の元号で5月1日の日付が刻まれており(「1.-5.-1」)、和暦で年表記がされた最後の乗車券類となります。詳しくはこちら