鉄道グッズ

八幡屋礒五郎 オリジナル七味缶「3500系引退記念缶」

八幡屋礒五郎 オリジナル七味缶「3500系引退記念缶」
長野電鉄のオリジナル缶の第5弾!

善光寺のおひざ元、名物 八幡屋礒五郎の七味唐辛子が長野電鉄とコラボ!
令和5年1月19日に長野電鉄3500系が引退を迎えたことを記念して、七味缶のフタ部分に3500系と次世代の主力車両3000系をプリントしました。
長野名物の「七味唐辛子」、お土産やコレクションにぜひお買い求めください。

価格 1個 500円(税込)
発売開始 令和5年1月28日(土)

※.数に限りがありますので、売り切れの際はご了承ください。

商品概要

【サイズ】高さ6.6cm × 幅3.9cm(スチール)
【容量】14g入り

販売箇所

長野駅・権堂駅・須坂駅・信州中野駅・一部特急車内

郵送発売

本商品は郵送販売いたしません。

【3500系と3000系について】

長野電鉄3500系は、1993(平成5)年にデビューしました。営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線の初代車両・3000系を譲り受け、当社向けに改造した2両編成の車両です。銀色のステンレス車体に、当社のカラーである赤い帯を巻いているのが特徴です。
最大14編成28両が稼働し、同じく元営団3000系車両を改造した3600系(2020年引退)とともに、当社の通勤車両の主力として活躍しました。その後、木島線・屋代線の廃止や後継車両の登場により、次第に車両数を減らしていきました。2020(令和2)年から導入された3000系(元東京メトロ03系(日比谷線の2代目車両))の増備に伴い、最後まで残った「N8編成」も2023年1月19日を以て引退し、当社での30年の活躍にピリオドを打ちました。

長野電鉄3000系は、2020(令和2)年にデビューしました。東京メトロ日比谷線の2代目車両・03系を譲り受け、当社向けに改造した3両編成の車両です。鈍い銀色のアルミ車体に、当社のカラーである赤い帯を前面に巻いているのが特徴です。
現在、5編成15両が稼働し、長野~湯田中間の全線で活躍しています。
3000系の導入当時、元日比谷線の新旧車両が奇しくも長野の地で再開したことが話題となりました。